HOME病態生理 > 気管支喘息

気管支喘息

気管支喘息の病態

アレルギー反応で、慢性的に気道内が炎症し、気道が細くなっている状態。
そこから細菌・ウイルス感染などが原因となり気道内に浮腫・閉塞を起こすと、発作的に呼吸困難、喘鳴、咳などの呼吸器症状をきたす。

喘息発作

好発

10歳以下の小児と、40歳以上の成人
→50~70%は思春期までに自然治癒する。

原因

気管支喘息の原因はアレルギー反応で、自己免疫不全のひとつ。
喘息発作は、特定の物質アレルゲンによって引き起こされる。

主なアレルゲン

乳児期は食物が主な原因となる。
幼児期はダニが原因となることが多く、その他、薬・冷気・ストレス・喫煙・運動が原因となり、発作を起こす。

症状

喘息発作の重症度
症状 SpO2 脈拍
小発作 苦しいが横になれる 96%以上 100回未満
中発作 苦しくて横になれない 91~95% 100~120回
大発作 歩けない、話せない 90%以下 120回以上
重篤発作 意識がない、呼吸がない 90%未満 徐脈

発作時の対応ポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
看護師転職・求人サイト比較

看護師転職サイト一覧

今売れてる、看護書
ラインスタンプ、ナース熊子さんの日常

今月の人気記事

転職・求人の人気記事

看護師通販はピュアナース