HOME病態生理 > 尿路感染症

尿路感染症

尿路感染症とは?

尿道口から細菌が進入することで尿路に起こる感染症。

病態生理

尿路感染症尿路感染症は、上行感染症なので、尿道口から細菌が進入し、尿道で炎症がおきれば尿道炎、 膀胱で炎症がおきれば膀胱炎、 さらに腎臓まで細菌が進入すれば腎盂炎(腎盂腎炎)を起こす。

尿路感染症の原因菌の80%は大腸菌で、そのほかプロテウス菌、肺炎桿菌がある。

分類

単純性尿路感染症
尿路感染を起こす基礎疾患がない
複雑性尿路感染症
尿路結石、前立腺肥大・癌、膀胱癌など基礎疾患がある場合。

症状

腎盂腎炎になると…

検査

治療

基本は、抗生剤の内服治療となる。
腎盂腎炎では、基礎疾患がある患者や全身状態が悪い患者は入院適応となり、補液や抗生剤の点滴の他、状態にあった治療が必要となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
看護師転職・求人サイト比較

看護師転職サイト一覧

今売れてる、看護書
ラインスタンプ、ナース熊子さんの日常

今月の人気記事

転職・求人の人気記事

看護師通販はピュアナース