HOME解剖生理 > 脊髄神経の働きと構造

脊髄神経の働きと構造

中枢神経と末梢神経の働き

神経系はややこしいので、まず神経系のおさらい。

神経系は、脳と脊髄の中枢神経と、中枢神経から出て、全身に分布する末梢神経がある。末梢神経は、脳からでている脳神経と脊髄から出ている脊髄神経があり、機能によりさらに体性神経自律神経に分類することができる。
体性神経は、全身の感覚器で感知した情報を大脳へ伝える知覚神経と、中枢神経から筋肉に刺激を伝える運動神経がある。
これは意識のものと行われる運動であるが、もうひとつの自律神経は、意識がなくても24時間働き、内臓機能を調整している。

中枢神経と脊髄神経

脊髄神経と脊椎の位置関係

脊髄神経は、背骨(脊椎)にかこまれた脊髄からでている神経で、脊髄の通る穴のひとつひとつを椎骨孔または椎孔といい、これが連なって1本の管のようになっているため、この管を脊柱管という。
脊髄神経の構造は、脊髄の前側からでる前根(ぜんこん)と後ろ側からでる後根(こうこん)の2本が合わさり、脊髄神経となって脊椎の間(脊柱管)から左右に1本ずつ出る。
この脊柱管からでた1本の脊髄神経は、再び、前方に向かう前枝(ぜんし)と後方に向かう後枝(こうし)の2本に分かれる。

脊髄と脊椎の位置

脊髄神経の構成

最も脳に近い脊髄神経は、後頭骨と第一頸椎との間から出ている第1頸神経(C1)で、その下はC7まで7対の頸神経がでている。
胸神経は、第1胸椎と第2胸椎の間からでている第1胸神経(Th1)から始まり、Th12まで12対の胸神経がでている。
腰神経は、第1腰椎と第2腰椎の間からでている第1腰神経(L1)から始まり、L5まで5対の腰神経がある。
以下、5対の仙骨神経1対の尾骨神経の計31対の脊髄神経が出る。

脊髄神経

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
看護師転職・求人サイト比較

看護師転職サイト一覧

看護師転職サイトのメリット・デメリット
ラインスタンプ、ナース熊子さんの日常

今月の人気記事

転職・求人の人気記事

看護師通販はピュアナース