HOME看護技術 > 胸骨圧迫(心臓マッサージ)の適応とポイント

胸骨圧迫(心臓マッサージ)の適応とポイント

胸骨圧迫の目的

冠血流と脳血流を維持し、心拍の再開を促すのとともに、脳障害を最小限にするために行われる。 適切な胸骨圧迫によって、通常の30~40%の心拍出量をえることができる。

胸骨圧迫の適応

心停止時(Asystole、PEA、VF、無脈性VT

胸骨圧迫の部位

肘をまっすぐに伸ばし、胸骨の下半分(左右乳首の真ん中)に両手を重ねておく。ことのき、腕と胸骨が垂直になるようにし、自分の体重を乗せるよう圧迫する。

効果的な胸骨圧迫のポイント

胸骨圧迫

胸骨圧迫の合併症

肋骨骨折、気胸、血胸、肺挫創、肝損傷、脾損傷などがある。 適切な位置を圧迫することで合併症を予防することはできるが、完全に避けることは難しい。

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
看護師転職・求人サイト比較

看護師転職サイト一覧

今売れてる、看護書
ラインスタンプ、ナース熊子さんの日常

今月の人気記事

転職・求人の人気記事

看護師通販はピュアナース