HOME看護技術 > 血糖測定

血糖測定

血糖測定とは?

血中のグルコースを測定する検査。

目的

血糖値は自己測定可能であるため、患者自身が血糖値を意識してコントロールすることで、合併症の予防につなげられる。

必要物品

血糖測定器・専用チップ

血糖測定穿刺具・穿刺針

血糖測定の手順・手技

  1. 患者に目的を説明し同意を得る。
  2. 物品を準備する。
  3. 測定器にチップを差し込む。
  4. この時、チップの測定部には触れないようにする。
  5. 穿刺部位(耳朶または指先)を消毒して、完全に乾かす。
  6. 乾かしが不十分だと正しい測定値がでないので、しっかり乾かすことがポイント!

    なぜ耳朶または指先で測定するの?

    指先などの末梢部位は、動脈と静脈の吻合が多く、急激な血糖値の変化を反映しやすいため、血糖測定に向いている! 前腕や皮静脈でも採血することも可能だが、血流が遅く血糖値の変化を捉えにくいので不向きとされている。
  7. 穿刺具の保護キャップを外す。
  8. 血行を良くするために穿刺部位をマッサージする。
  9. 穿刺具を利き手の第1・第2指で持ち穿刺部位に押し当てて穿刺する。
  10. 耳朶を穿刺する場合、耳朶の裏側を指で支えると、針が貫通して針刺しする恐れがあるため、直接指で支えないようにする。
  11. 穿刺具をハザードBOXに捨てる。
  12. 直径2.5mm~3.0mmの球状を目安に、軽くつまんで血液を出す。
  13. 専用チップの先端を血液につけ、吸入させる。
  14. 十分な血液量吸入が終わると、測定器が『ピッ』とブザーで終了を知らせてくれるので、それまで血液を吸入させる。
  15. ブザーがなったら、6秒のカウント後、測定結果が表示されるため確認する。
  16. 穿刺部を酒精綿で圧迫し、止血を確認する。
  17. チップは、測定器横のレバーを下げてそのままハザードBOXに捨てるか、手袋とまとめて捨てる。
  18. 患者へ測定値と終了を伝え、身の周りを整える。

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
看護師転職・求人サイト比較

看護師転職サイト一覧

今売れてる、看護書
ラインスタンプ、ナース熊子さんの日常

今月の人気記事

転職・求人の人気記事

看護師通販はピュアナース