HOME看護技術 > 頸静脈から中心静脈圧を測定する

頸静脈から中心静脈圧を測定する

中心静脈圧(CVP)とは?

CVPとは、右心房内圧を反映していて、心不全で右心系にうっ血をきたしている時には、右心房内圧が上昇するため、CVPも上昇する。逆に、循環血液量が低下したショック状態のときでは、血液少ないため右心房内圧が低下し、CVPが低下する。

正確には、中心静脈カテーテルを使用して測定するのだが、頸静脈の怒張を見ることで、ある程度このCVPを予測することができる。

頸静脈により中心静脈圧を測定

1、まず頸静脈を見つける

  1. 患者に臥床してもらい、顔を少し反対側に向けてもらう。
    ※頸静脈は通常、臥床しないと見ることができない。
  2. 怒張、拍動があり、脈を触知→頸動脈
    怒張、拍動があり、脈を触知できない→頸静脈
  3. 怒張が見えづらい場合には、ペンライトで光を当てて、影を探す。

2、CVPを測定

CVP測定方法

  1. 45度にギャッチアップする。
  2. この時点で頸静脈の怒張があれば、右心不全によって、右心房内に血液ががたまって、中心静脈圧が上昇していることが予測できる。
  3. 次に、頸動脈を確認できる上端が、胸骨角から垂直方向に何㎝上の高さにあるかを定規を使って測定する。
  4. この測定した値に胸骨から右心房の中心までの長さ5㎝を足した値が、中心静脈圧と推定できる。
    ちなみにこの値は、正確には中心静脈圧(CVP)ではなく、頸動脈圧(JVP)であり、カルテ記載時には『JVP○㎝』と記載するのが正しい。

2、CVPを評価

正常値:5~10H20
なので、頸静脈の拍動がみえる上端が、胸骨角より5㎝以上高ければ、右心房圧が上昇して、うっ血をきたしていると判断できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
看護師転職・求人サイト比較

看護師転職サイト一覧

今売れてる、看護書
ラインスタンプ、ナース熊子さんの日常

今月の人気記事

転職・求人の人気記事

看護師通販はピュアナース