HOME看護技術 > 導尿

導尿

目的

カテーテルを尿道から膀胱内へ挿入し、一時的に尿を誘導させる。

適応

必要物品

手技と手順

  1. 患者に処置の説明、同意をもらう。
  2. ワゴンに必要物品をのせ、患者のものへ行く
  3. カーテンを閉める
  4. 仰臥位になってもらい、下着、下の衣類を腰の下まで下げ、臀部に処置用シーツを敷く。
  5. カテーテル挿入まで、掛物をかけて露出は最小限にする。
  6. <女性>膝を立てて股関節を外転、外旋してもらう。
    <男性>下肢は伸展したまま肩幅程度に下肢を開いてもらう。
  7. <女性>利き手と反対側の手で小陰唇を開き、利き手で攝子を保持。
    ※小陰唇から挿入を終えるまで手を絶対離さない!
    <男性>左手で陰茎を90度に持ち上げる。
  8. <女性>尿道から膣口に向かって1方向に3回綿球を変えて消毒。
    <男性> 外尿道口を円を描くように3回綿球を変えて消毒。
  9. カテーテルを攝子で持ちキシロカインゼリーを塗布する
  10. <女性>カテーテルを3~4㎝挿入する。
    <男性>カテーテルを10~15㎝挿入したら、少し抵抗を感じるところで60度の角度に戻してさらに2~5㎝挿入する。 前立腺あたりで抵抗を感じる場合は、陰茎を引き上げる力を強めて挿入する。
    ※無理に挿入すると粘膜損傷し出血するため、無理に挿入しない。
    ※口呼吸してもらうと、腹圧が緩みカテーテルが挿入しやすくなる。
    女性は尿道の長さが3~4㎝で、挿入長さは5~6㎝が目安。
    男性は尿道の長さが15~20㎝で、挿入長さは20㎝程度が目安
  11. 尿の流出を確認したら、2~3㎝進める。
  12. カテーテル先端を尿器に入れ排尿。
  13. 滅菌尿を採取する場合には、少し排尿させてから滅菌カップへ尿(中間尿)を取る。
  14. 流出中は、陰唇・陰茎から手を離し、カテーテルは抜けないよう保持したままにする。 このとき、逆行性感染を防ぐためカテーテル末端が尿にふれないように注意する。
  15. 尿が途切れて来たら、恥骨結合上縁を手で軽く押して尿の排出を助ける。
  16. 尿が出てこなくなったら、カテーテルをゆっくり抜く。
  17. 尿道口をティッシュやガーゼで拭き、衣類を整える。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
看護師転職・求人サイト比較

看護師転職サイト一覧

今売れてる、看護書
ラインスタンプ、ナース熊子さんの日常

今月の人気記事

転職・求人の人気記事

看護師通販はピュアナース