HOME看護技術 > 心電図-モニター心電図の基本と観察ポイント

心電図-モニター心電図の基本と観察ポイント

モニター心電図の特徴

モニター心電図の捉え方

12誘導心電図は12方向から心臓を捉えることができるのに対し、 モニター心電図は3点誘導法と呼ばれ、1方向からの心臓しか捉えることができない。

赤・黄色・緑の3つの電極を貼るが、捉える方向は、誘導の設定によって決まる。 誘導はⅠ~Ⅲの3通りあり、電極では+から-の方向で心臓をとらえている。

モニター心電図の誘導

Ⅰ誘導…黄から赤を眺める。(緑はアース)
心臓の側壁をみる誘導
肥満体形では、心臓が横向きになりやすいため、Ⅱ誘導よりも、Ⅰ誘導の方が波形を捉えやすい場合もある。
Ⅱ誘導では、緑から赤を眺める。(黄色はアース)
心尖部をみる誘導
最も使われる誘導。
Ⅲ誘導では、緑から黄を眺める。(赤はアース)
心臓の側壁と下壁をみる誘導

Ⅱ誘導を使う理由

上図からもわかるように、Ⅰ誘導、Ⅲ誘導では位置的には、目線の先に心臓がないので、波形としても捉えずらい。
Ⅱ誘導の目線の先には、ちょうど心尖部があり、心室・心房が続くので、心房の収縮(P波)、心室の収縮(QRS波)、心室の拡張(T波)がわかりすい。
つまり、うまく捉えることができれば、下図のような基本波形として記録できるため、Ⅱ誘導が最も一般的に使われている。

心電図基本波形

心電図の電極を貼る位置

心電図の電極を貼る位置は、心臓の位置を考えて貼らなければいけない。
心臓は透けて見えないが、肋骨は触れてわかるので、肋骨と心臓の位置関係を捉えて電極を貼ることで、キレイな波形として記録することができる。

心臓と肋骨の位置関係

心臓の肋骨の位置関係

心尖部の位置が、第5肋間と鎖骨中央線が交わる点、上大静脈の位置が、第2肋間胸骨右縁としてとらえることができる。

そのため、2点を結んだ青線上(上図)の右上に赤電極、左下に緑電極に貼ると、心臓を一直線上に捉えて見ることができる。
黄色アースの役割で、あまった電気を外に出すだけなので、実際はどこにつけても波形の変化はない。

モニター心電図の観察ポイント

モニター心電図の確認

モニター心電図を装着した患者への説明と観察

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
看護師転職・求人サイト比較

看護師転職サイト一覧

看護師転職サイトのメリット・デメリット
ラインスタンプ、ナース熊子さんの日常

今月の人気記事

転職・求人の人気記事

看護師通販はピュアナース