HOME看護技術 > 腹腔ドレーン(1) 目的と挿入部位

腹腔ドレーン(1) 目的と挿入部位

ドレナージの目的

治療目的
通常腹腔内には存在しない、膿や腹水を排出する。
予防目的
術後などに浸出液や血液が貯まることで、縫合不全や感染を引き起こすため、これを予防するために排泄する。
情報目的
異常の早期発見のために、排液量と性状を観察する。

ドレーンの挿入部位

腹腔ドレーン

右横隔膜下
左横隔膜下
ウィンスロー孔
胃・十二指腸と肝臓の間には、小網という膜があり、胃の下部から腸前面には、大網という膜が垂れ下がっている。この間の隙間がウィンスロー孔。
孔になっているので、ドレーンがずれにくく、抜けにくい。
モリソン窩
肝臓の右葉と、右腎臓の間の隙間に留置
肝下面
肝臓の下面で、中央にあるくぼみ近くに留置
右傍結腸溝
読み方:みぎぼうけっちょうこう
上行結腸下部の外側に留置
左傍結腸溝
下行結腸下部の外側に留置
ダグラス窩
直腸と子宮の間のくぼみで、腹腔の最も底の部分に留置

手術部位別、ドレーン挿入部位

胃(部分切除・全摘):ウィンスロー孔、左横隔膜下
食道:ウィンスロー孔、左横隔膜下
直腸:骨盤腔(ダグラス窩)
肝切除:ウィンスロー孔、右横隔膜下
肝移植:ウィンスロー孔、左横隔膜下、ダグラス窩
胆のう摘出:モリソン窩orウィンスロー孔
膵頭十二指腸:ウィンスロー孔、膵前面
膵体尾部:ウィンスロー孔、左横隔膜下

<関連記事>
腹腔ドレーン(2) 観察ポイント
腹腔ドレーン(3) 合併症とトラブル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
看護師転職・求人サイト比較

看護師転職サイト一覧

今売れてる、看護書
ラインスタンプ、ナース熊子さんの日常

今月の人気記事

転職・求人の人気記事

看護師通販はピュアナース