HOME看護技術 > 気管吸引

気管吸引

目的

気道内分泌物が貯留すると、気道閉塞や呼吸路が狭くなり換気量が低下を生じるため、分泌物および貯留物を排除し、窒息または換気量低下を予防する。

適応

合併症

必要物品

吸引装置、吸引カテーテル、水道水、滅菌精製水、酒精綿、ディスポ手袋、マスク、ゴーグル、エプロン、水道水を入れるカップ、滅菌精製水を入れる滅菌カップ、SpO2モニター、ゴミ箱

手順

  1. 呼吸音、呼吸状態から吸引の必要性と、分泌物の貯留部位をアセスメントする。
  2. 患者さんに処置の説明をし、協力を得る。
    不穏や認知症が重度な場合には、協力が得られなかったりするため患者に応じて応援を呼ぶ。
  3. 吸引瓶を吸引装置に取り付け、吸引圧を設定を確認
    吸引圧は100~150mmHgに設定
    150mmHg以上になると、気道粘膜を損傷する危険性があるので注意!
  4. 手洗い後、ディスポ手袋を装着し、ゴーグル、エプロンを装着する。
  5. カップに水道水を入れ、酒精綿を袋から出しておく
  6. 吸引カテーテルを袋から取り出し、吸引接続管に接続する
  7. 左手でカテーテル基部を持ち右手をカテーテルの真ん中を持つ
  8. カテーテル基部を左手母指と示指で折り曲げて、吸引圧を確認する。
  9. 患者さんに声をかけて、カテーテルを折り曲げたまま陰圧をかけずに挿入する。
  10. 左母指をゆっくりカテーテルから離し、吸引を開始する。カテーテルの挿入長さは20~24㎝1回の吸引は10~15秒以内で行う。※注意点参照
  11. もう一度吸引する場合には、カテーテルをアルコール面で全体を拭き、滅菌水を通してキレイにしてから吸引する。
  12. 引き終わった後は、カテーテルを接続部から外して感染性廃棄BOXへ捨てる。
  13.  
  14. カテーテルとの接続口を酒精綿で吹き、専用カップの水を吸引して内腔を洗浄する。

気管吸引時の注意点

絶対、カテーテルは根元まで挿入しない
前歯から咽頭までの長さは10~12㎝
咽頭から気管分岐部までは10~12㎝
合わせて20~24㎝を挿入
これ以上挿入すると分岐部から入りやすい右気管支へ入り込み、気管粘膜損傷や、肺胞内の酸素を吸引してしまうことで肺胞の虚脱や低酸素症の危険性があるので注意する。
安易にカテーテルを回したり上下に動かさない
吸引カテーテルを『上下に小刻みに動かす』、『回転させる』ことで吸引の効果は確かに上がる場合があるが、これも粘膜損傷の危険性があるため、今は注意して行わなければいけない手技とされている。
1回の吸引は15秒以内
これ以上の時間をかけると、低酸素症の危険性がある。
連続吸引する場合には、SpO2や患者の呼吸状態や顔色に注意し、休憩を取りながら行う。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
看護師転職・求人サイト比較

看護師転職サイト一覧

今売れてる、看護書
ラインスタンプ、ナース熊子さんの日常

今月の人気記事

転職・求人の人気記事

看護師通販はピュアナース