HOME看護技術 > 経鼻胃管からの栄養投与

経鼻胃管からの栄養投与

必要物品

【薬剤投与時】

手順

  1. 必要物品を準備する。
  2. 手指衛生後、手袋・マスクを装着する。
  3. 医師の指示を確認し、栄養バッグに栄養剤を入れる。
  4. クレンメを開放し、チューブの先端まで栄養剤を満たす。
  5. 患者のもとに準備した栄養剤を持っていきスタンドにかける。
  6. 患者に栄養開始を伝える。
  7. 気道内分泌物が多い患者の場合は、気管吸引をする。
  8. 頭部を30度~90度挙上する。 患者の姿勢がくずれやすい場合には、枕等を使い体勢を整える。
  9. 胃管が胃内に入っているか確認する。

    胃管が胃内に入っているかの確認方法

    ①胃内容物を吸引できればOK!
    ②聴診器を心窩部に当てながら、カテーテルチップで10~20㏄のエアーを注入し、大きな気泡音「ボコボコッ」という音が聞こえたらOK!
  10. 胃管の指でクランプしながらキャップを外し、栄養パックと接続。
  11. 栄養を指示の流量で開始する。

    一般的な栄養剤の速度

    最初は100ml/Hから。これで問題なけでば200~400ml/HまでUP可能だが、速すぎると嘔吐や下痢の原因となるので、200ml/H(≒1秒1滴)くらいを目安に投与する。
  12. 栄養が終了したらクレンメを閉じ、胃管を指でクランプしながら外す。
  13. カテーテルチップに吸った20~30mlの微温湯を注入し、カテーテル内を洗浄する。
  14. 薬があれば、事前に簡易懸濁法で準備した薬剤を投与。
  15. 再度、20~30mlの微温湯でフラッシュして洗浄してからキャップをする。
  16. 投与後も栄養剤の逆流による誤嚥を予防するため、30分~1時間程度は頭部挙上を継続し、嘔吐・下痢腹痛、呼吸状態の観察を行う。

簡易懸濁法(かんいけんだくほう)

薬を粉砕したり、カプセルを外したりせずに、薬を懸濁する方法。

簡易懸濁法
< ※PEG(胃瘻)からの栄養投与にも記載>

  1. 55度のお湯20㏄くらいをカップorボトル(衛生的にフタ付きが◎)を用意する。
    ちなみに、90℃以上のお湯と水を2:1の割合で混ぜるとだいたい55℃になる。
  2. なぜ55℃??

    カプセルは、37℃以上のお湯で10分以内に溶けるように作られているため、37℃以上を10分間維持するのに必要な温度が55℃だから!逆に、56度以上になると、コーティング剤であるマクロゴール6000を含有している薬(タケプロンなど)は凝固してしまうので温度の微調整が必要!
  3. 処方薬を確認し、お湯の入ったカップに入れる。
  4. 10分経過たら、懸濁液をよく振り混ぜる。
  5. 薬が溶けたことを確認したら、懸濁液をカテーテルチップに吸う。
  6. 長時間放置すると薬の効果が変化するものもあるので、懸濁液はすぐに投与する!
簡易懸濁法に適さない薬もあるので、栄養開始時には事前に医師または薬剤師に確認する!

投与時の観察のポイント

観察のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
看護師転職・求人サイト比較

看護師転職サイト一覧

今売れてる、看護書
ラインスタンプ、ナース熊子さんの日常

今月の人気記事

転職・求人の人気記事

看護師通販はピュアナース