HOME看護技術 > 体位変換

体位変換

目的

必要物品

体交用まくら、クッション、エアーマット等

手順・手技

  1. 患者へ説明をし、衣類が乱れないよう身支度をする
  2. ベッド周囲の環境整備
    ①看護者はあらかじめ腕時計などを外しておく
    ②ベッドは水平にし、介助者がうごきやすいようにベッドの高さを調整する
    ③ベッド上の不要なものは取り除く
    ④ベッド周囲のスペースを確保する
  3. 患者の向く側に十分なスペースをつくる
    ①患者の寄せる側に立ち、手を患者の腋窩から肩甲骨にそって頚部まで深く入れる
    ②反対の手で患者の高頚部を支え、患者の頭部を持ち上げて、枕をずらし、頭をおき、手を抜く。
    ③患者を寄せる側に立ち、肩と腰に深く手を入れ、腰を十分に落として、身体の重心を移動させるように引きよせる。※腕の力で移動させない。
    ④腰と大腿の下に手を入れ、同じく腰を十分に落として引き寄せる。

<側臥位にする>

  1. 側臥位にする方向に患者の顔をむける
  2. 胸腹部に側臥位にする方向の手を下にして、その上に反対側の手を置く。
  3. 側臥位にする方向と反対側の膝を曲げる。
  4. 患者の向く方向に立つ。
  5. 患者の上になるほうの腕を内側からもち、他の手で曲げている膝を持ち、患者を静かに手前へ向ける。
  6. 側臥位にしたら、患者の後ろ側から腰を持ち、少し引く。
  7. 最後に体交枕などを使い、患者に聞きながら姿勢を整える。
  8. 足・膝の間に枕を挟む。
  9. 踵や踝が圧迫されないよう枕で調整。
  10. 基底面積が少ない場合、背部などに枕をあてて倒れないようにする。
  11. 患者の気分を確認し、苦痛のない体位に微調整する。

体位変換のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
看護師転職・求人サイト比較

看護師転職サイト一覧

今売れてる、看護書
ラインスタンプ、ナース熊子さんの日常

今月の人気記事

転職・求人の人気記事

看護師通販はピュアナース