HOME看護技術 > 摘便

摘便

目的

直腸に停滞した便を除去し、排泄を促進する。

適応

必要物品

手袋 潤滑剤、おむつor便器(ADL合わせて)、ガーゼ、トイレットペーパーorおしり拭き、(陰部洗浄物品)、ビニール袋

手順・手技

  1. 患者に摘便の必要性を説明し、同意をえる
  2. カーテンを閉め、プライバシーを保護する
    臭いが室内にこもることもあるので、食事前後の時間帯は極力避ける。
  3. 患者を左側臥位にし、安定した姿勢を維持できるように必要であれば、枕を使用し体位を整える。
  4. 患者の下着を外し、臀部を露出する。
  5. 臀部の下に処置用シーツを敷き、その上におむつor便器を置く。
  6. ゴム手袋をはめ(2重に履いたほうが安心)、潤滑剤を示指・中指にたっぷりつける。
  7. 患者には口呼吸をしてもらい、いきまないよう説明する。
    ※筋肉を弛緩させることで、肛門括約筋の緊張を緩和する効果がある。
  8. 指を脊柱に添わせる方向へ、ゆっくりと指を肛門に入れる。
  9. 指を屈曲させてその便塊をほぐすようにし、少しずつ肛門側へ便を移動させ掻き出す。
    ※肛門下部は非常に敏感な痛覚をもつので、静かに丁寧に指を動かすようにする。
  10. 指周辺に便塊を蝕知しなくなったら、患者に腹部を押さえていきんでもらったり、腹部のマッサージを行う。
  11. 8~10を繰り返す。
    ※硬便で栓をしていた場合などは、自然排便がある場合もあるので様子を見ながら行う。
  12. 便が触れないことを確認したら、摘便を終了する。
  13. ティッシュペーパーやおしり拭きで汚染した部位を拭きとり、粘調便などで取れない場合には、陰部洗浄も行う。
  14. 患者の体位と衣類を整える。
  15. 本人や同室者に配慮しながら、必要時部屋の換気をする。

摘便の合併症と注意点

肛門からの出血
出血があった場合には、すぐに中止し、外表面からの出血の場合にはガーゼで圧迫して止血。下血があった場合には、粘膜損傷や腸管穿孔の可能性があるため、バイタルサインや患者の状態とともに医師へ報告する。
血圧の低下
大量の排便により、迷走神経反射を起こし血圧が一過性に低下する場合がある。 特に高齢者の場合には、リスクが高まるので、処置前後の血圧や状態を観察する必要がある。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
看護師転職・求人サイト比較

看護師転職サイト一覧

今売れてる、看護書
ラインスタンプ、ナース熊子さんの日常

今月の人気記事

転職・求人の人気記事

看護師通販はピュアナース