HOME薬のこと > 抗凝固薬と抗血小板薬の違い

抗凝固薬と抗血小板薬の違い

抗凝固薬と抗血小板薬の違い

抗凝固薬と抗血小板薬は、ともに抗血栓薬と呼ばれる薬で、『血栓(血の塊)を作らせない』という点では同じなのだが、『どんな血栓を作らせないか』が違う。

この抗凝固剤と抗血小板薬が標的とする血栓の違いについては、各薬剤の特徴で詳しく見ていく。

抗血小板薬

抗血小板薬とは?

血液凝固機能のうち、一次止血で働く血小板の働きを抑制することで、血小板血栓を作らせない薬。

血液が凝固するしくみは『血液検査値の見方①凝固系』参照

抗血小板薬の標的、血小板血栓とは?

血小板は、血流が速いところで活性化しやすい性質をもっているので、血小板血栓は主に動脈で作られる。

具体的にどんな時に作られるのかというと、生活習慣病や加齢により動脈硬化で血管壁がもろくなっているところに傷がついたときに、血小板血栓が作られる。

抗血小板薬の働き

この血小板血栓が、冠動脈を塞ぐと心筋梗塞に、脳血管まで到達して詰まらせると脳梗塞を発症する。

抗血小板薬の適応

川崎病とは?

冠動脈の炎症を特徴とする全身性血管炎。原因は不明だが、動脈の内膜や外膜に炎症が起きることで、血栓が形成されて、狭心症や心筋梗塞を合併する。

主な抗血小板薬

アスピリン
商品名:バイアスピリン、バファリン
シロスタゾール
商品名:プレタール
硫酸クロピドグレル
商品名:プラビックス
チクロピジン塩酸塩
商品名:パナルジン

抗血小板薬の副作用

抗血小板薬使用の注意点

抗凝固薬

抗凝固薬とは?

血液凝固機能のうち、二次止血で働く凝固因子に作用し、フィブリンの生成を阻害することで、フィブリン血栓を作らせない薬。

抗凝固薬の標的、フィブリン血栓とは?

フィブリンとは、血栓を頑丈に固める『のり』のような働きがあり、赤血球や血小板を巻き込んで、血小板血栓より大きい血栓を作り出す。
このフィブリン血栓は、血流の遅いところに発生しやい性質があるので、主に静脈で作られる。

具体的には、心房細動(Af)で心房内の血流が滞っていたり、長期臥床により下肢の静脈血流が滞っているときに生成されやすい。

抗凝固薬の働き

生成されたフィブリン血栓は、静脈→心臓→動脈へと血流に乗っていき、脳血管を塞げば脳梗塞、肺動脈を詰まらせれば肺塞栓症(エコノミー症候群)、冠動脈を詰まらせれば心筋梗塞を引き起こす。

抗凝固薬の適応

主な抗凝固薬

ヘパリンナトリウム
商品名:ヘパリン、へパフラッシュ
ワーファリンカリウム
商品名:ワーファリン、ワーファリンカリウム

抗凝固薬の副作用

抗凝固薬使用の注意点

★まとめ★
動脈硬化などで動脈にでできる血小板血栓には抗血小板薬
静脈が滞ってできるフィブリン血栓には抗凝固薬

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
看護師転職・求人サイト比較

看護師転職サイト一覧

今売れてる、看護書
ラインスタンプ、ナース熊子さんの日常

今月の人気記事

転職・求人の人気記事

看護師通販はピュアナース