HOME病態生理 > 熱中症

熱中症

熱中症とは?

暑熱環境下において、身体が適応できずに起こる状態の総称。

熱中症の病態

脳細胞は体温が上がると、ダメージをうけるため、人間の体は常に37度弱になるように調整されている。
この調整を行うのが脳の視床下部で、皮膚の温度が上がると、知覚神経から脳の視床下部に伝わり、交感神経を通じて血管拡張発汗が行われる。
皮膚上に現れた『汗』は、蒸発するときに、皮膚の体温を奪うことで体温を下げている。(気化熱と呼ばれ、打ち水と同じ原理)
また、血管拡張により外気へ熱放散を行い、体温を下げるように働く。

しかし、外気の湿度が高いと発汗しても汗が蒸発されずに気化熱も発生しないため体温が下でることができず、また外気の温度が高いと熱放散も行えなくなるため、体温が上昇し続け、熱中症を発症する。

熱中症

高齢者では、体温調整機能が低下しているため、発汗が若者より少なく、熱を放出しづらかったり、口渇も感じづらくなるため、水分や電解質不足により熱中症を発症しやすい。

重症度分類とその対応

Ⅰ型軽症
めまい、大量の発汗、欠伸、筋肉の硬直(こむら返り)
→安静、経口的に水分・Naの補給
Ⅱ型中等症
頭痛・嘔吐・倦怠感、虚脱感、集中力の低下
→病院で点滴による水分・Na補給、体温管理
Ⅲ型重症
1)中枢神経症状(意識障害、小脳症状、痙攣)
2)肝・腎機能障害
3)血管凝固異常(DIC)
うちいずれか1つでも該当
→三次救急での対応となり体温管理、呼吸循環管理、DICの治療を行う。
  • 頭痛・めまい・吐気は、虚脱による脳血流の減少により起こる
  • 筋肉の硬直や痙攣は、大量の発汗+電解質を含まない水分摂取による電解質の低下により起こる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
看護師転職・求人サイト比較

看護師転職サイト一覧

今売れてる、看護書
ラインスタンプ、ナース熊子さんの日常

今月の人気記事

転職・求人の人気記事