HOME病態生理 > 高カリウム血症

高カリウム血症

高カリウム血症の定義

血清カリウム(K)濃度が5.0mEq/L以上となった状態。
(※4.5や4.8mEp/以上と書いてある文献もある。)
正常:3.5~5.0mEq/L

そもそもKの役割って?

Kは細胞内に98%存在し、細胞外(血液)には2%しか存在していない。
細胞内で何をしているのかというと、神経伝達をしている。 NaやCa達と、心筋を始めとする筋肉の動きを調整している。だからとっても大事。
多くても少なくても神経伝達に影響が出てくる。

原因

過剰なK摂取やK負荷
消化管出血・術後・外傷に伴う組織破壊はK負荷となる。
腎からの排泄低下
腎不全や鉱質コルチコイドの減弱、K保持性利尿薬、アンギオテンシン阻害薬(ACEI)や受容体拮抗薬(ARB)などもK排泄を抑制する。
細胞内から細胞外へのK移動
エネルギー不足に伴う異化亢進、代謝性アシドーシス、インスリン欠乏、非選択性β遮断薬が原因となる。

症状

高K血症に伴う心電図変化

高カリウム血症に伴う心電図変化

治療

軽度高カリウム血症(6mEq以下で心電図の異常を認めない)

中等度~重症度カリウム血症(6mEq以上や心電図の異常を認める場合)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
看護師転職・求人サイト比較

看護師転職サイト一覧

今売れてる、看護書
ラインスタンプ、ナース熊子さんの日常

今月の人気記事

転職・求人の人気記事