HOME病態生理 > 出血性ショック

出血性ショック

出血性ショックとは?

循環血液量減少性ショックのひとつ。 出血により体循環に必要な血液量が減少し、臓器障害により死に直面している状態。

病態と代償機転

血液量が減少したときの心臓の働き

心拍出量の低下を感知した身体は、カテコールアミンの分泌を亢進する。
カテコールアミンの働きにより、心収縮力の増強・心拍数の増加・末梢血管の収縮が起こり、血圧を保とうとする。

血圧が低下したときの腎臓の働き

心臓の働きではまかない切れず、血圧の低下を腎臓が感知すると、RAA系が作用。腎臓でのNaの再吸収を促進し血圧上昇を図る。

RAA系とは?
→『心不全の病態』心機能低下時の代償機能の項目で詳しく解説

人間の身体の血液量

人間の血液量

人間の水分量は、体重の60%をしめる。血しょうは5%だがそれに血球が3%含まれるので、 体重の8%が循環血液量となる!
50kgの人なら、50000g×0.08=4000ml
60kgの人なら、60000g×0.08=4800ml…と計算できる。

出血性ショックの重症度

ClassⅠ ClassⅡ ClassⅢ ClassⅣ
出血量ml <750 750~1500 1500~2000 >2000
出血量% <15 15~30 30~40 >40
脈拍数(分) <100 100~120 120~140 >140
収縮期血圧
拡張期血圧
脈圧 →/↑
呼吸数(/分) 14~20 20~30 30~40 >40/無呼吸
尿量 >30 10~30 5~10 痕跡
精神状態 軽度の不安 不安 不安~不穏 不穏~無気力
輸血量 細胞外液 細胞外液 細胞外液と
輸血療法
細胞外液と
輸血療法

全血液量の40%がなくなると、かなり危機的状況。
全血液量の50%がなくなると、致死量となる!

出血時、ヘモグロビン値の変化

出血しても、ヘモグロビンが含まれる赤血球だけではなく、血しょうと血球すべてが等しく失われていくため、100ml中のヘモグロビン量は変わらない。
しかし、生体は循環血液量を一定に保とうとして、組織の中にある体液(細胞外液)を素早く血管内へ移動させる。これによって、ヘモグロビン値とヘマトクリット値が低下を示す。

出血性ショックヘモグロビン

細胞外液(組織間液)は、血管内に移動する分、減ってしまうので、それを補充をするために細胞外液に近いリンゲル液や生食の補液を行う。

出血性ショック時の対応ポイント

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
看護師転職・求人サイト比較

看護師転職サイト一覧

今売れてる、看護書
ラインスタンプ、ナース熊子さんの日常

今月の人気記事

転職・求人の人気記事