HOME病態生理 > 偶発性低体温症

偶発性低体温症

偶発性低体温症とは?

深部体温が35℃以下に低下した状態

原因

分類

体温低下の程度によって、軽度・中等度・高度の3分類に分けられる。

重症度分類
軽度低体温症 35℃以下
中等度低体温症 32度以下
高度低体温症 26度以下

症状

軽度
骨格筋の戦慄
中等度
戦慄は消失、反射の低下
高度
筋硬直、感情鈍麻~昏睡、頻呼吸~徐呼吸 、頻脈~徐脈~心停止
30度以下ではJ波(オズボーン波)出現
J波オズボーン波

対応・治療のポイント

保温による血管拡張により、血圧低下の可能性があるため、血圧の変化に注意して観察する!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
看護師転職・求人サイト比較

看護師転職サイト一覧

今売れてる、看護書
ラインスタンプ、ナース熊子さんの日常

今月の人気記事

転職・求人の人気記事