偶発性低体温症

目次

偶発性低体温症とは?

深部体温が35℃以下に低下した状態

原因

  • 寒冷環境
  • 熱喪失状態
  • 熱生産低下
  • 体温調節能低下

分類

体温低下の程度によって、軽度・中等度・高度の3分類に分けられる。

軽度低体温症35℃以下
中等度低体温症32度以下
高度低体温症26度以下
低体温症の重症度分類

症状

軽度の場合

骨格筋の戦慄

中等度の場合

戦慄は消失、反射の低下

高度の場合

筋硬直、感情鈍麻~昏睡、頻呼吸~徐呼吸 、頻脈~徐脈~心停止
30度以下ではJ波(オズボーン波)出現

J波(オズボーン波)

対応・治療のポイント

  • 湿った衣類を脱がせ、電気毛布・温かい補液
  • 心電図モニターにて波形と血圧監視
  • 補液を十分に行う
  • 重症例には、内加温法
    →腹腔内洗浄、胸腔内洗浄、体外循環、PCPSなど

保温による血管拡張により、血圧低下の可能性があるため、血圧の変化に注意して観察する!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次