病棟でよく使用する眠剤とその効果

目次

作用部位による種類

バルビツール系睡眠薬

50年代から使われていた昔主流だった眠剤。 麻薬として使われるほど強い作用があり、呼吸抑制なども引き起こすため、現在眠剤として使用されることはほとんどない。

ベンゾジアゼピン系

現在主流の眠剤の1つ。 脳内の神経伝達物質GABAの睡眠作用を増強し、自然な眠りを促すため、重篤な副作用を起こすことはほとんどない。 筋弛緩作用があるため、転倒には注意が必要

非ベンゾジアゼピン系

ベンゾジアゼピンを改良して、筋弛緩作用を少なくした眠剤。 もっとも副作用が少なく安全で、処方しやすい薬。

作用時間による分類

病棟では、環境の変化や疼痛・不安により睡眠がとれなくなる患者も多い。
そのため、患者に合った眠剤を選択し、良い睡眠が取れることで患者の意欲の向上や、QOLの向上につながる。

一方で、眠剤の作用や副作用については、個人差があるため、個人の睡眠状態と副作用の有無を評価して、眠剤を選択する。

超短時間作用型

適応:寝つきがわるい人

発現時間 10~15分
持続時間 2~4時間

種類作用時間
マイスリー非ベンゾジアゼピン系2時間
アモバン非ベンゾジアゼピン系2時間
ハルシオンベンゾジアゼピン系2~4時間
超短時間作用型の主な薬剤

短時間作用型

適応:中途覚醒してしまう人

発現時間 15~30分
持続時間 6~10時間

種類作用時間
レンドルミンベンゾジアゼピン系7時間
エバミールベンゾジアゼピン系10時間
リスミーベンゾジアゼピン系7時間
デパスベンゾジアゼピン系6時間
短時間作用型の主な薬剤

中間作用型

適応:早朝覚醒してしまう人

発現時間 20~30分
持続時間 20~25時間

種類作用時間
ロヒプノールベンゾジアゼピン系24時間
ユーロジンベンゾジアゼピン系24時間
ベンザリンベンゾジアゼピン系28時間
サイレースベンゾジアゼピン系24時間
中間作用型の主な薬剤

長時間作用型

適応:うつ病など精神疾患の抗不安薬として使われる。

発現時間 30分~1時間
持続時間 かなり長時間

種類作用時間
トメリンベンゾジアゼピン系85時間
ドラールベンゾジアゼピン系36時間
長時間作用型の主な薬剤
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次