膀胱瘻の管理とカテーテルの交換方法

目次

膀胱瘻(ぼうこうろう)とは?

膀胱瘻とは?

なんらかの理由で尿道からの排尿が困難となった場合に、腹壁から直接膀胱内にカテーテルを挿入し、尿を排泄させる処置のこと。

造設が比較的簡単で、尿道留置カテーテルよりも尿路感染症のリスクが少ない。また挿入による違和感や疼痛が少ないというメリットがある。

膀胱瘻の適応

膀胱の収縮不全

  • 神経因性膀胱(脊髄損傷など)

尿道の圧迫・閉塞

  • 前立腺肥大
  • 前立腺癌
  • 尿道の外傷・炎症など
  • 尿道結石の嵌頓

膀胱瘻の観察とケア

基本的には、膀胱留置カテーテルの管理・観察と同様。
『膀胱留置カテーテル(2)観察とケア』を詳しく見る。

瘻孔が完成していれば、滅菌操作や消毒は不要で、正常な皮膚と同様の扱いでよいが、感染予防や抜去予防のために観察と固定はしっかり行う!

皮膚状態の観察

医療機関ごとに期間に違いはあるが、造設術1週間程でシャワー浴、2週間程で入浴可能となる。ドレッシング材をすべて剥がし、膀胱瘻周囲を石鹸の泡でやさしく洗い、よく洗い流す。
膀胱瘻周囲に発赤・浸出液などの感染兆候がないかや、固定テープによる皮膚トラブルがないか観察を行う。

固定の確認

挿入向きに沿って挿入部とカテーテルを固定する。
挿入部はフィルム剤やYガーゼなどで覆い、接続部は皮膚トラブルの原因となるため、ガーゼを巻いて保護しておく。

患者が自己管理できている場合には、固定しないで挿入部をフリーとしても問題はない。

膀胱瘻カテーテルの交換方法

膀胱留置カテーテルと同様に3~4週間で交換が必要。

用意するもの

  • 新しいカテーテル
  • 新しい畜尿バック
  • 滅菌手袋(または攝子)
  • 10ccシリンジ 
  • バルン用の滅菌蒸留水入りの10㏄シリンジ
  • 滅菌ガーゼ
  • 消毒(イソジン)
  • ゴミ袋
  • (ドレッシング材・テープ)

手順

  1. 患者に処置の説明を行い、ベッドサイドに物品を準備する。
  2. ドレッシング類はすべて剥がしておく。
  3. 医師へ滅菌ガーゼと10㏄シリンジを渡す。
  4. 医師がカフを抜き、カテーテルを抜去する。
  5. 抜去後のカテーテルをゴミ袋へ入れられるよう介助する。
  6. 医師へ消毒キットを渡す。
  7. 医師が滅菌手袋を装着したら、膀胱瘻カテーテルを渡し、挿入していく。
    (攝子を使用して挿入するDrもいるので、その場合は先端が不潔にならないよう介助する。)
  8. 抜去前と同じ深さまで挿入する。
  9. 医師より指示があったら、蒸留水入りのシリンジを接続し、バルンを膨らませる。
  10. 畜尿バックを接続する。
  11. 必要であれば、ドレッシング材で保護・固定する。

膀胱瘻のトラブルとその対応

脇漏れしている

ねじれや屈曲・閉塞の有無を確認する。流出に問題はなく、漏れが続く場合には、カテーテル径が細い可能性もあり、医師へ報告する。
漏れで固定や皮膚が湿潤する場合には、ガーゼを当てて固定しておく。

抜去してしまった

看護師は基本再挿入できないため、すぐに医師へ報告する。抜去部は滅菌ガーゼを貼用し、抜去時の状況を報告する。

ただし、医師の診察までに時間がかかる場合には、閉塞してしまう恐れがあるため、医師の指示に基づき、ネラトンカテーテルを挿入し、閉塞を予防する場合もある。

閉塞した

尿量の減少や脇漏れにより閉塞を疑った場合には、医師へ報告する。交換または、膀胱洗浄を行うこともある。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次